読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOIZ NOIZ NOIZ

1999年スタートの特殊音楽個人サイト http://www.noiznoiznoiz.com/ からこちらに移動してきました

2/27(土) いかめがねすーすー企画『Aini IKA Night vol.2』 at 難波ベアーズ

  • 大甲子園2度めの関西公演はいかめがねすーすーさんにお誘いいただき憧れの地ベアーズに初登板。90年代にロウファイ~スカムムーヴメントおよびボアダムス関連バンド群の洗礼を受けた人間としては感無量というほかない。
  • トップを飾ったのは我々大甲子園である。ベアーズ初出演だったが「ベアーズに20年くらい出てそうな感じだった」と言われて大変感動した。
  • 続くは本日の主催者いかめがねすーすー。本人たちもしばしば言及するように技術的に高度なところはまったくないバンドなのだが(それでも着実に上手くなってるところがまた良いのだが)、やはり音楽の魅力と技術の高低は関係ないのだなと見るたびに思う素晴らしいバンドである。あと、下手だからって簡単なことしかやってないわけではなく曲は結構凝っていて、そのあたりはやはりリスナーとして耳の肥えた人たちだなということを感じさせる。主催者としてもあれこれ工夫していただいて(それを本人もとても楽しんでいるのも伝わってくる)本当にありがたい。

f:id:junne:20160405223531j:plain

  • と、ここで一気に雰囲気が一変。大阪パワーヴァイオレンスのベテランCOMPLETED EXPOSITIONである。ギターレスのツインベーストリオという変則編成で、こういう編成だとなんとなくNo Means Noとかみたいな変則ハードコアになりそうな気がするのだが至ってシリアスかつストレートなハードコア。熱い!

f:id:junne:20160405223617j:plain

  • 熱くなったところで、次のヌーヌで再度一気にヌルくなる(笑)。これまた寡聞にして知らなかったのだが、かつてはシャグスとも比較されて大きな衝撃を各界に与えたバンドであった模様。最初期の少年ナイフを観たひとたちはこんな気持ちになったのだろうか。本当に素晴らしい。最後は「私達なりのシャウい曲を」と言って打ち込みの新曲を披露(その辺も少年ナイフ感があるかも)。

f:id:junne:20160405223737j:plain

  • 名古屋のサーフパンクSOCIAL PORKSも初めて観たけど、叩くたびにドラムセットがどんどん崩壊していってなんかズルズルな感じに(笑)。ギターとドラムのデュオで、ノリとしてはフューチャーズとかFat Dayとかに近いものを感じた。

f:id:junne:20160405223757j:plain

  • といった感じでお送りしてきたイベントのトリを飾ったのが暴走半島である。同じアンプ使ってるはずなのにいきなり音圧があがる感じがするのは前回観た時と同様。その圧倒的なテンションと演奏力で酷いシモネタを繰り出す。こちらもベアーズ初登壇(というか初関西)だったそうだが、完全に会場を我が物にしておられました。すごいなあ。

f:id:junne:20160405223826j:plain