読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOIZ NOIZ NOIZ

1999年スタートの特殊音楽個人サイト http://www.noiznoiznoiz.com/ からこちらに移動してきました

3/31(Thu) yamaji 50th - 50jahre 3 at 下北沢GARDEN

  • 昨年末くらいから、dip/ヤマジカズヒデ関連のCDをコツコツと集めている。なんで今さら?という感じだが、そもそも初めて聞いた時(メジャーデビュー時だったと思う)に「なんか普通?」と思っちゃって、それ以降あんまり自分から聴こうと思わなかったのだ。なのだけど、気がつくと周りに彼の影響を受けたひとを多く見かけるようになり、じゃあ改めて聴いてみたらすごくよかった。という次第だ。特にソロの1stが最高ですね。

ともあれそんな絶妙なタイミングでヤマジ50thバースデーというのが行われたので行って来たのでした。スリーデイズだったのだが、初日(小野島さんを聞き手に迎えたトーク)、2日目(多彩なゲストを招いてのセッション)には行けなかったのだけど、最終日のスリーマンに滑り込み。

f:id:junne:20160419144718j:plain

ヤマジカズヒデソロ

  • メンバーは山本達久、須藤俊明、石橋英子。このメンバーでいろんなひとのバックをやってるが、どうせならブッカーT&MG'sみたく「ヴォーカリスト/ギタリストのバックバンド」として固定バンドを作ってしまうというのはどうだろうか(もうやってるのかどうかは知らない)。このメンツでフロントだけいろんな人が出てくるライブとか観たい気がする。
  • つか、考えてみたらぼくは須藤さんがベース弾いてるのを名前で観るのは初めてだったかも! 20年以上前から知ってるのに!(ギターを弾くのは観たことあるのだが絶対そっちのほうが珍しい)
  • と、いきなりバックバンドの話ばかりだが、終始丁寧にギターを爪弾きながら歌う儚い感じのアシッド・フォークで超うっとりした。本人も何度も「いいねえ~」と満足気。実際すごくいいので、是非このメンバーでソロアルバムを!

uminekosounds

  • ひとまわりくらいかそれ以上若い(と思われる)メンバーが中心のフォーク・ロック・バンドにヤマジ(と須藤さん)が混じった編成。「歌ものロックのバックで鳴らされるリードギター」に徹してる感じでこれがまたよい。

dip

f:id:junne:20160419144736j:plain

  • という流れで当然最後はdipである。滅茶苦茶かっこいいのな!今更何をって感じなのは重々承知ですけど!
  • 他のバンドでもそうだったのだが、まず感心するのがピッキングしながらの繊細なアーミング。ルーパーの使い方がごくごくさりげなくて自然なこと。そして丁寧に演奏してるのだけどチマチマした感じにならないところ。メンバー間は和気藹々としてるけど演奏のテンションは張り詰めているところも流石である。アンコールでのドアーズ「Break on through」とか超絶的なかっこよさだった。
  • 欲をいえばちょっと短くなかったか?ということ。ほんとになんで今まで見なかったんだろうか。ライブ見たら一発でファンになっただろうに。とまあ後から悔やんでも仕方がないが、今後はなるべくチェックしたいと思ったのでした。俺もギターがんばろうと思ったよ。

ヤマジカズヒデ ソロ BOX SET 3枚組