読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOIZ NOIZ NOIZ

1999年スタートの特殊音楽個人サイト http://www.noiznoiznoiz.com/ からこちらに移動してきました

12/15(Thu) 山形旅行二日目(酒田)

午前中は酒田の誇る土門拳記念館へ。子供の頃に一度来たことがあるのだが、その時はちょっと良さがわからなかったのだけれど、いい歳になってから来てみるとなかなかいい美術館である。常設展の東北の仏像写真を集めたものももちろんいいのだが、企画展の「土門拳賞受賞作品展 山内道雄『DHAKA2』」がむしろよかった

酒田のリハスタ「MUSIC FACTORY」へ。地元のインディバンドのCDが買える店というのを調べたらここが出てきたのだ。のだが、行ってみたら「そんなにないですよ」とか言われる。実際、一応CDの並んだ棚はあるけどあまり活気のある感じではない(めっちゃ埃かぶってるし)。それでもカセットとDVD−Rを購入。なんでも地元のバンドの音源を買いたいならTSUTAYAがいいのだとか(地元バンドを熱心に応援してるスタッフがいるそうだ)

お土産屋に寄ってから、フレンチレストラン「ル・ポット・フー」でランチ。かつて日本一のフランス料理と言われた名店である。父がこの店の創始者についてのノンフィクション本を読んで薦めてくれたのだ(ぼくも読んだが大変面白かった)。が、伯父叔母の反応はあまりよろしくない。「昔は良かったけどシェフが変わって今では地元の人は行かないね」とすら言われた。まあ確かに正直なところそこまで感動的な料理ではなかったのだが、内装含めて「昔の一流レストラン」の雰囲気は味わえたので個人的にはオッケーである。


ここで妻と別れてTSUTAYAへ行ってみることに。ところがこれが罠で、「TSUTAYA酒田店」に行ったらぜんぜんそれらしいコーナーがない。酒田市内にあるもう一軒の「酒田北店」の方だったのである。結構な距離があるのでタクシーで移動しようと思うのだが、そこそこ大きな通りにいてもぜんぜん捕まらない(この辺の人はみんなマイカー移動なのでタクシーの需要もないのであろう。バスも2時間に一本とかだし)。それでもなんとか捕まえたタクシーで酒田北店に行き、地元ハードコアの代表的なバンドFRIDAYZやポストパンクバンドsendのCDなどを購入。
妻の待つ「旧鐙屋」へ。かつての廻船問屋を資料館にしたもの。かつての酒田の栄えぶりがうかがえる。
で、電車の時間(2時間に一本とかだから逃すと大変なのである)が近づいたので酒田駅へ。ちょっとした吹雪になってきたのも相まって駅前の寂れ方が実にもの悲しい。
夕食は芋煮(旨い!)。祖父の話を色々聴く(なかなか癖のある人物なのだ)。

DHAKA ([テキスト])
山内 道雄
4903883094

世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか (講談社文庫)
岡田芳郎
B00INTNSR2

DO IT
FRIDAYZ
B01FGTJ36G