読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOIZ NOIZ NOIZ

1999年スタートの特殊音楽個人サイト http://www.noiznoiznoiz.com/ からこちらに移動してきました

2016年9月下旬のライブ:ロッケンロー サミット2016, モーラムナイト

Live

9/24 ロッケンロー サミット2016〜道玄坂邪道六弦頂上決戦〜 at 渋谷O-East

出演:ギターウルフ / 菊/ft.鮎川誠 シーナ&ロケッツ / ニューロティカ / ザ・マックショウ / THE NEATBEATS / ザ50回転ズ / DMBQ / Bloodest Saxophone / キノコホテル / 最終少女ひかさ
タワレコ主催の恒例ロックンロール祭。DMBQの終わりくらいに会場入り。以下、見たバンドだけ簡単に。

  • Bloodest Saxophone

    • シンプルな編成によるポップなジャズ。ロカビリー的解釈によるスイングジャズってことですかね。
  • キノコホテル

    • 一曲目のインストオルガンガレージみたいなのはかっこよかった

    • 伝統芸能の時間がやってまいりました。ここから先、新しいものは一切ございません!」と言い切る姿勢のかっこよさよ
  • ザ・マックショウ

    • 正統派キャロルフォロワー。野音でのワンマンも決まってるそうで、そんな人気あるのか!
  • ニューロティカ

    • 文句なしに楽しい!

    • ほぼサンハウスナンバーで固めて大変にかっこいいのだが、やはりこの人たちはいつも3時間とかやってくれるので、30分とかだとどうも物足りないな。


9/27 モーラムナイト at 渋谷WWW

久々に東京で開催の爆音映画祭は空族の新作『バンコク・ナイツ』完成披露を兼ねたタイ/イサーン映画特集!その前夜祭的に、イサーンが誇るモーラムの人間国宝歌手アンカナーン・クンチャイ一座の来日公演がおこなわれた。
オープニングアクトは二組。ぼくが会場に入った時点では井出健介がアメリコを大韓ロック風?にアレンジした曲をやったりしてた。

続いて登場したのはattc vs Koharu。三味線奏者の柳家小春による小唄をレゲエバンドがバックアップ。前にも見たけど、これは本当に良いです。7インチが出てるので買おう買おうと思ってるんだけどなぜかまだ買わずにいるので買わないと。

アンカナーン一座とセッションattc vs Koharu。

若手ナンバーワンのケーン奏者によるソロ演奏。

いよいよメインアクトはモーラムの人間国宝級歌手2名、それに加えてその妻&娘。やはり人間国宝級は声の出かたが全然違うが、母娘で並んで踊るふりつけはかわいい。人間国宝自ら煽りまくりで客からはおひねりがバンバン差し出される。ちなみに基本的にケーン以外の演奏はチープな打ち込みのカラオケである。

人間国宝二人による男女のかけあいソングもあり(三年目の浮気みたいなパフォーマンス)。 

最後に全員が登場して再度セッション。