NOIZ NOIZ NOIZ

1999年スタートの特殊音楽個人サイト http://www.noiznoiznoiz.com/ からこちらに移動してきました

【告知】『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』発売記念 屋内型ミュージックフェス “CHAIR 2019”

f:id:junne:20190622161244j:plain
3月に刊行した天下の奇書『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』、おかげさまで大好評発売中ですが、考えてみると著者やスタッフに音楽やってる人が非常に多い! ということで発売記念として音楽イベントを開催することにいたしました!
もちろんチェアリングイベントなので椅子持ち込み歓迎!そんなバカバカしい企画をやらせてくれるのはもちろん俺たちの四谷アウトブレイクです。思えばぼくがパリッコさんと初めて会ったのはアウトブレイクの名物企画「キンミヤナイト」での共演でした。そのときの写真いま思い出しても最高なので貼っとく↓(もちろん寝てるのがパリッコさん)
https://www.instagram.com/p/kXD11RK1rc/
キンミヤナイト無事終了

ナオさんというかチミドロを知ったのもアウトブレイクレコーズからの配信EP「わんにゃんパーク」。

いわば四谷が取り持つ縁でできた本だと言っても過言ではない。
アルバムのリリースで勢いに乗っているチミドロ、そしていまや激レアなパリッコさんのライブ! もちろん著者以外も大変素晴らしいバンド、DJが集まりましたので盛り上がること間違いなし。どさくさに紛れてぼくも演奏します。ちょっと変わったことやろうと思うのでそちらもぜひ。

『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』発売記念 屋内型ミュージックフェス “CHAIR 2019”

□ House of Rocks “OUTBREAK!” □ -「四谷アウトブレイク!(ライブハウス)」

  • 前売り 2,000円/当日 2,500円(ドリンク別)
    • ★椅子持参でご来場の方には、みんな大好きキンミヤさん提供のキンミヤステッカーをプレゼント!
  • 若手飲酒シーンを牽引する酒の穴(スズキナオ&パリッコ)が提唱する新時代のアウトドアアクティビティ「チェアリング」――折りたたみ椅子ひとつで公園や河原、ビーチなどお気に入りの場所が酒場やリビングに早変わり!という気軽な楽しみが盛り上がっています。
  • 今年3月にはその盛り上がりを受けて酒の穴監修による世界初のチェアリング入門書『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』が発売に。
  • 今回はその刊行を記念して、椅子を屋内に持ち込んでのインドア型イベントを開催! 椅子さえあればライブハウスも酒場に!(*ライブハウスはそもそも飲食店営業です)チェアリング本制作に関わった面々による、酒が進むライブやDJをゆっくり椅子に座ってお楽しみください。もちろん立ち上がって盛り上がるのも全然OK。

LIVE:

  • パリッコ

paricco.bandcamp.com

  • チミドロ

chimidoro.exblog.jp

www.facebook.com

  • junne(from Galaxy Express 666) + RisaRipa(from sleeping beauty/ギ酸/Galaxy Express 666/exGallhammer)

risaripa.bandcamp.com

DJ:

  • 坂田律子

https://ritsukosakata.tumblr.com/post/112312152054/oorutaichi-cosumi-coco-singing-for-a-billions
ritsukosakata.tumblr.com

  • 北村卓也

https://ktmrtky.tumblr.com/post/172878978515/design-works-hisato-aikura-aikura-hisato-jazz
ktmrtky.tumblr.com

maneater.hateblo.jp

  • 酒の穴によるチェアリングトーク(椅子に座って呑みながら会話する)もあり!

『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』
www.ele-king.net

3/24 コバ子の部屋ショッキング vol.2 at 阿佐ヶ谷Harness

  • cobalt主宰のライブ&トークイベントシリーズ。
  • まずはcobaltによる演奏。すごい昔から知ってたけどライブ観るのはなにげに初めてかも。なぜか弾き語りだと思いこんでたらバンドだったのでびっくりした

  • テンテンコさんの演奏は店のサイズや雰囲気に合わせたのかあまりビートはきつくないアンビエント寄りのエレクトロニクスに後半は歌ものという構成

  • トークは月刊CD-R全作品を振り返るというもの。一枚一枚話を聞くのでどうしても駆け足になっちゃうのだが、なかなか個別のCD-R作品についての話を聞く機会はないので面白かった

ALL YOU NEED IS CAT~猫こそはすべて
テンテンコ
Pヴァイン・レコード (2018-12-05)
売り上げランキング: 7,517

3/12 Wedance, テンテンコ at 幡ヶ谷Forestlimit

  • 韓国の男女二人組、Wedanceが来日。Forestlimitでの公演はテンテンコさんとツーマン。
  • テンテンコはマシンテクノと歌ものと両方ありでバランスいい感じのセット。あとで気づいたけど「自主でCD-Rをたくさん作っている」という共通点のある二組ということだったのかしら

  • で、Wedanceですが前回もとてもよかったので楽しみにしておりました。前回見たときは月見ルだったんだけど、より親密な空間でのライブということで人柄のよさがより一層伝わる感じというか、スマホを見ながらのMCもほんわかと、楽しい中にもちょっとぐっときてしまうような素晴らしいライブ。ほんといいバンドだと改めて思った

  • 前回はこちら

junne.hatenablog.com


Wedance - Produced Unfixed Vol.3 (Box Package)
Wedance (Korea)
Mirrorball Music (2016-04-05)
売り上げランキング: 546,570

2019年2月後半のライヴ:Leave them all behind、OLD PUNKS 激闘市街戦 -RATHOLE開店記念GIG、ミト+テンテンコ+坂口光央

2/16(Sat)Leave them all behind at O-East

  • 強力すぎるラインナップ。発表されたときから超楽しみにしてました

  • self deconstructionがトップ。このバンドのすごいところはそのリフの多彩さだと思うのだが、速すぎて初見のひとにはいまいち伝わらないかも。なんかわかりやすい曲があったぞと思ったらConvergeのカバーだったという。


  • 二番手のEndonはいつになく楽器・分離がよく、いよいよスケール感が出てきたなという印象。大箱だからかな

  • 実はあまり思い入れのないConvergeなのだが、やはり流石に魅せる。アンコールでセルコンのくびねさんがゲスト参加したのに感動

  • トリのNeurosisはとにかく別格に音がいい。爆音轟音重低音ながら耳に厳しくなく美しくすらある。感服


BOY MEETS GIRL
JANE DOE
FIRES WITHIN FIRES (ファイアーズ・ウィズイン・ファイアーズ)

2/23(Sat)OLD PUNKS 激闘市街戦 -RATHOLE開店記念GIG- at 柴崎Rathole

  • 京王線の柴崎という実にマイナーなところに新規開店したパンク箱RatholeでPOGO77企画。長年京王線に住んでるけど初めて降りたぞ(汗)

  • まずは主催者のTOM&BOOT BOYS。あいかわらずのゆるいドランクパンクで最高。途中で受付のひとが「今日ってドリンク込み1500円でよかったですか?」と訊きにきて「そこは詰めてない。もういいよそれで」と返すというすごいやりとりがw

  • 二番手Savages

  • 話題のSkitklassようやく見れた。最高

  • これまた話題のThe Titsようやく見れた。こちらも最高


GREATEST sHITS
GREATEST sHITS
posted with amazlet at 19.06.10
SKITKLASS
Break The Records
売り上げランキング: 575,473

2/26(Tue)ミト+テンテンコ+坂口光央 at 千駄木Bar Isshee

  • ベース、エレクトロニクス、キーボードによる完全即興。キーボードがどちらかというとアンビエント調な演奏主体なこともあり、ベースのリフが全体を引っ張るイメージか。そのミトさんのベースがかなりプログレ的なゴリっとした演奏でかっこいい。何をやってもちゃんと「音楽的」なところに着地するところがさすがだと思いました

ALL YOU NEED IS CAT~猫こそはすべて
Aerophotonic
Declaration of the Independence of the imagination and theRights of Man to His Own Madness III/想像力の独立と自己の狂気に対する人権宣言III

2019年2月前半のライブ soi48, ダニー・マッキャスリン、Cthonic

2/3 soi48 at Be-Wave

  • soi48のパーティ、今回はタイよりタイホップ(タイのヒップホップ)を代表するアーティスト/プロデューサーのCleo Pさんが来日!
  • Young GからのCleo Pの流れが実にアゲアゲで最高(普段全然ヒップホップ聴かないので語彙が……)。


STUDIO VOICE vol.413

2/8 ダニー・マッキャスリン at ブルーノート東京

  • ボウイの遺作『★』でも大活躍のサックス奏者が自身のバンドで来日。ヴォーカル入り・8ビート主体の実にロッキンな演奏

ブロウ

2/13 Cthonic at Club Quatro

  • 台湾を代表するブラックメタルバンド。オープニングアクト見れなくて残念(仕事が終わらずで……)。なんとかCthonicには間に合った。ヴォーカルが国会議員になってしまったので(!)なかなか音楽活動ができず来日どころかライブ自体もほとんどやってなかったようだが、そんなブランクを感じさせない演奏。ブラックメタル+オリエンタル要素みたいなのはやはり面白い

Takasago Army

2019/1/26~27 BUZZ ATTITUDE presents MAXIMUM DOWN PICKER “穴井仁吉” 12×5 YEARS OLD BIRTHDAY DAY at 下北沢Garden

  • 日本を代表するロックンロール・ベーシスト、穴井仁吉の還暦祝=「12x5」という2デイズ、2日間ほぼ全バンドに穴井さん出ずっぱりという耐久レースみたいなライヴでありました。
  • 1日めの出演者は百々ヤマ穴Q, 、MOSQUITO SPIRAL, 山善鬼平バンド, PANTA/菊池琢己/藤沼伸一/ムカイレイコ, ELECTRIC MUD, MOTO-PSYCHO R&R SERVICE, 中山加奈子"
  • 携帯のバッテリーがなくなったので写真はあんまり取れておらず……
  • 百々ヤマ穴Q,はモーサムdip、ミッシェルガンエレファント等のメンバーからなるユニット、基本的にカバー曲をやる感じ。ヤマジvoの「I'm Flash」がめちゃくちゃかっこよかった

  • MOSQUITO SPIRALはKYOYAさんが抜けてから初めて見るかも(相当前の話だな……)

  • 最後に奈良さん(シナロケ)がバースデーケーキとともに登場

  • 続いて2日目の出演者は:One Night Elektra(宙也, 内藤幸也, ヒデタカ, KYOYA)、dipTHE ROOSTERZ、SHEENA&THE ROKKETS with LUCY MIRROR 。この日もバッテリーぎれで写真全然なし!

  • One Night Elektraは「エレクトラ」というだけあってドアーズやストゥージズなどのカバーを(一部昨日の百々ヤマ穴Qともかぶったり)。KYOYAさんのドラム久々!かっこいい!
  • 唯一穴井さん不参加のdipは、一曲のみツインベースで演奏
  • ROOSTERZはZのほうなのでいわゆる花田ルースターズ。池畑ゲスト参加もあり
  • 奈良さんの代わりに穴井さんを迎えてのシナロケ。途中からは東川元則さん参加でツインドラム、アンコールでは奈良さんが入ってツインベース。


LIGHT ON SHADE
TRUMP
頭脳警察1(紙ジャケット仕様)
野郎共と女たち ELECTRIC MUD Live at CLUB251
モトサイコ・ロックンロール・サービス
neue welt
FOUR PIECES(紙)
@ heart

2019/1/14 self deconstruction presents "ANOMALOUS COLLISION 19" at 新大久保Earthdom

  • 大好きなセルコンの企画
  • ちょっと遅れて入ったらsunday bloody sunday,が演奏中。ちょっと感じ変わった?新譜の準備も進めてるそうなのでそのせいかも。


HEARTBREAKING noiserocking

  • S.O.B.がまさかの二番手。ちょっと前にKAPPUNKで観て以来なのだが今回のほうがずっとよかった気がするのは、やはり大会場(チッタ)よりこのくらいの箱のほうがいいってことかな

  • preparationsetは初見だったのだが、メンバーが演奏しながらエフェクト操作も同時にこなすというライブ・ダブで超かっこよかった。音源ほしい!

  • 安定のBUTCHER ABC,


North of Hell

  • こちらも初見のWORLD END MAN。渋めのブルデスという感じでしょうか。好きな感じ。初見のバンドが当たりだと「いいイベントに来たなー」って思うよね


USE MY KNIFE

  • という感じで本日トリのself deconstruction。最高で最高