NOIZ NOIZ NOIZ

1999年スタートの特殊音楽個人サイト http://www.noiznoiznoiz.com/ からこちらに移動してきました

2020年10月に見た映画

すべてNHK BSプレミアで放映されたもの(を、録画で観たので放映からだいぶ経ってるのもある)。

死の追跡

f:id:junne:20210510182312p:plain
最近いつも言ってることだがニューシネマ時代の西部劇は傑作が多い。銃を持たず人を殺さない信念を持った保安官が悪党たちに妻子を殺され、復讐のために悪党たちを追う。悪党たちの異形ぶりもいい。

太陽の季節

f:id:junne:20210510182446p:plain
いわゆる「太陽族」を生んだ映画。南田洋子の美しさに対して若き長門裕之桑田佳祐にしか見えないな。ちょい役ながら裕次郎岡田真澄のかっこよさのほうが印象に残る

襲われた幌馬車

f:id:junne:20210510182555p:plain
同じデルマー・デイヴィス監督の『決断の3時10分』も面白かったがこちらもいい。設定づくりが上手い監督なのかな

荒野のストレンジャー

f:id:junne:20210510182653p:plain
どうなのこれ……って思いながら見てたのだが終盤の展開がすごい。まさかそんな話とは(古澤健脚本『超極道』みたいな)

ペイルライダー

f:id:junne:20210510182742p:plain
『荒野のストレンジャー』がすごすぎるので思わず立て続けに観てしまったイーストウッド西部劇。あれに比べれば普通だが、十分傑作

切り裂かれたカーテン

f:id:junne:20210510182841p:plain
ヒッチコックのスパイスリラーなのだが、なんか脚本が粗い感じ。

バニー・レークは行方不明

f:id:junne:20210510182940p:plain
オットー・プレミンジャー監督のサスペンス。ヒッチコック風といいますか。ゾンビーズがちらっと出てくるあたりが65年のイギリスって感じ

眠狂四郎殺法帖

f:id:junne:20210510183057p:plain
記念すべき雷蔵版狂四郎の第一作。大映らしく構図のとり方がいちいちかっこよくて痺れる。

夜霧よ今夜も有難う

f:id:junne:20210510183328p:plain
裕次郎ももうあんまり若くなくなった時期の映画なのだが、随所ですごい変。若い頃の映画より面白い

眠狂四郎勝負

f:id:junne:20210510183441p:plain
雷蔵版第2作。安定の三隅研次監督。藤村志保かわいい。

アルカトラズからの脱出

f:id:junne:20210510183542p:plain
ドン・シーゲルイーストウッドの脱獄もの。渋い。囚人同士の揉め事あり、管理主義の所長あり、友情あり、といった中でコツコツと地道な作業を積み重ねる、とまあ手堅く王道的な作りなんだが、過剰にならないところがいいですね

刑事マディガン

f:id:junne:20210510183659p:plain
ドン・シーゲルの刑事もの。尺は短いながらも登場する刑事たちのそれぞれ複雑な面があり、ほろ苦いラストまでタイトかつ渋い。いい映画だなー

追想

f:id:junne:20210510183846p:plain
ロシア革命で処刑されたはずの皇女アナスタシアが生きていた……? 記憶を失った女性(イングリッド・バーグマン)をアナスタシアに仕立て上げようとするロシアの将軍ボーニン(ユル・ブリンナー)。果たして彼女は本物なのか。ラストがかっこよかった

探偵物語

f:id:junne:20210510183959p:plain
赤川次郎原作。薬師丸ひろ子松田優作主演。同じ優作でもドラマのほうとは無関係なのね。空港での異常に長いキスシーンは当時も話題になったそうだ

おしゃれ泥棒

f:id:junne:20210510184119p:plain
タイトルどおりのおしゃれな泥棒もの。オードリー映画の中でもかなり好きな部類。

がんばれ!ベアーズ
f:id:junne:20210510184158p:plain
コーチがひたすらダメで最高

大殺陣

f:id:junne:20210510184309p:plain
前半ちょっとタルいかなと思ったんだが、終盤の随所で手持ちカメラを使ったタイトルどおり「大殺陣」の凄惨な迫力はモノすごい。

慕情

f:id:junne:20210510184353p:plain
ラブロマンスなのだが、全然印象に残ってない。こういうのいちばん苦手かも…

ロスト・バケーション

f:id:junne:20210510184613p:plain
今どき逆に珍しいオーソドックスなサメ映画だった。しかしなぜNHKがこれを

怒りのガンマン/銀山の大虐殺

f:id:junne:20210510184746p:plain
リー・ヴァン・クリーフはかっこいいものの、レオーネ映画にくらべるとだいぶ落ちる

2021/3/18(木)いろいろ慌てた

今日も「文學界」のジャズ特集を続けて読む。今日は山中千尋と岸政彦の対談。そういえば岸政彦っていつも自分は素人だって言ってるけど。実のところベースどのくらい弾けるんだろうか。

だいぶまえに一度提案して、本人があんまり乗り気じゃないという返答が来た企画があったのだが、やはりやりたいと思って再挑戦的にメールしてみる。どうかなー。

映画秘宝編集部の秋山さんが炎上初日の流れをnoteで公開した。概ね、各方面から聞いてた通りという印象。このとおりだとするなら、ヨシキさん柳下さんホークさんあたりが叩かれてるのはとばっちりとしか言いようがないよな。

昨日倉庫に納品されてる予定の新刊が届いてないという。急遽印刷所に確認したところ、たしかに出てないと……明日の納品で再手配としてもらい、明日到着してないといけないレコ店チェーンには直納してもらうことにする。ていうか、なぜか今日が金曜だと思いこんでて「週末はさんじゃう!やばい!」とひとりで大慌てしていた(弊社の営業担当者はそれほど慌ててなかったので、「このひとなんでこんなにテンパってるんだろ?」と思われたのではあるまいか。

1時間半くらいかけて作成した会議資料を保存しないで閉じちゃったかも……と思ったのだが、無事に復元できた。マイクロソフト最高! そして「保存は呼吸くらいの頻度で」という教えを改めて心に刻むのだった。

2021/3/17(水)書くフリージャズ

文學界のジャズ特集続きを読む。好きなレコードを紹介するアンケート的なコーナーがあるのだが、保坂和志のがおもしろい。全部ペーター・ブロッツマン、しかも21世紀に入ってからのやつ。ちなみに対談で奥泉が後藤明生古井由吉はフリージャズだが自分はマイルスに近いという話をしているのだが、それでいうと保坂さんは完全にフリージャズだなと思った。

ここ数ヶ月にわたってメールに返信くれなかったライターからようやく連絡が来る。遅れるのはしかたないからとりあえず連絡取れなくなるのはやめてくれと返しておく(が、またそのうち音信不通になることだろう……)

今日もノンアル缶チューハイ。これで全然OKだな

2021/3/16(火)ジャンプ歴

文學界」のジャズ特集をこないだからちょこちょこ通勤電車(往路)で読んでいる。今日読んだのは大谷能生さんによるジャズ小説ガイドなのだが、意外と新しいのを読んでるんだなあと感心した。

昨日作成した正誤表を倉庫に発送。

新刊の発売記念イベントでの物販について相談したり。

たぐさんが「自分がジャンプ読者だった時期」というのを書いていたので、自分もWikipediaに載っている連載開始時期リスト見て確認してみる。83~88年という感じ? キン肉マン(7人の悪魔超人くらいだったかな)、Drスランプ(末期)→ドラゴンボール、ハイスクール奇面組(もう「三年」ではなかった)、北斗の拳(ジャギとかが出てきたあたりかな)、バオー来訪者(魔少年ビーティもちょっと読んだかも)→ジョジョ男坂聖闘士星矢、みたいな時期である。
ジャンプ離れしたのはたぶん、連載がバトルものばっかになって(ドラゴンボールの路線変更など)いってちょっと辟易してたのと、北斗の拳がカイオウ編が終わってもまだ連載が続くのに呆れたとかいったあたりが理由だった気がする。

帰り道の歩き飲みにノンアル缶チューハイを導入してみた。全然これでOKだな。

2021/3/15(月)6月の666

Galaxy Express 666のグループメッセにて、5月に出演するかもと言っていたフェスについての件を話し合う。ちょうど先日、主催者に連絡して「どうなりました?」と問い合わせたところだった。開催はする予定だけど、詳細どうなるかわかんないという返答だったのだが、バンド内で話し合って諸々状況鑑みて、進展ないようなら辞めにしないかという話になる。とか言ってるそばから主催者から追伸があり、コロナその他で会場準備その他諸々進んでないこともあり、開催を延期するとのこと。とりあえず、開催の予定が見えてきたらまた連絡してもらうことにして、出演はそのタイミングで再検討としようかな、と。
で、代わりに6月にスタジオライブの自主企画しようという話になった。メンバーから対バンの候補も挙げてもらったので、後でbandcampチェックしてみることに。6月の状況、全然読めないけど、小規模なライブくらいはできるようになってるといいのだが。

できたばかりの新刊にわりと大きなミスが発覚。なんと執筆者のプロフィールが1人抜けていた……とりいそぎ、正誤表対応の手配をする。初回出荷分には間に合わないな……。

TV録画で乱歩・満島の「屋根裏の散歩者」を観る。この回は前にも見たんだけど、この満島ひかり明智)が超かわいいんですよね。

2021/3/14(日)怠惰めな一日

二度寝して昼起床。カップ焼きそば(大盛り太麺的なやつ)の麻ピーを砕いたものをOn!して昼食とした後、さらに昼寝してしまった……。まあ平日あまり寝てないので良しとしたい。
f:id:junne:20210427193403j:plain
TV録画『ガンヒルの決斗』カーク・ダグラス主演。バカ息子ものの西部劇はいつも苦い。

おふろの王様へ行き、ジョジョを読み進める。

2021/3/12(金)シンエヴァはこれを超えてくれるだろうか

昨日に続いてTwitterでひたすらナパーム・デスの話をしていた。みんなほんとナパーム・デス好きだな。

新刊の著者チームが来社。見本誌の受け渡しと、支払いの段取りについての打ち合わせなど。返す刀で新たな本を提案されるが、それは流石に無理って感じの企画だったので丁重にお断りする。

明日はいよいよエヴァを観に行くのだ。とおもったら居ても立っても居られない気持ちになり、なぜか『のび太人類補完計画』を熟読してしまった(おかげで帰りが遅くなった。何をやってるのか)。何度読んでもいい。シンエヴァはこれを超えてくれるだろうか。
www.pixiv.net


平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』を読んでたら突然回文に遭遇。これ、わざとやってるのかな。原文はどうなってるんだろうか。
f:id:junne:20210427190435j:plain

タモリ倶楽部空耳アワースペシャルだったのだが、ナゲット割って父ちゃんが出ちゃったら何も勝てないよな。